出逢いについて


概要

出逢いは液晶の素子を組み込んだ画像表示装置(コンピュータ出逢いなど)である。
単にLCDと呼ぶときは出逢いではなく、その部品の一つである液晶パネル(LCDパネルとも)を指すこともある。
出逢いなど液晶を使用した表示装置のことを指して、単に「液晶」と呼ぶこともある。
液晶テレビ、携帯電話、デジタルカメラ、パーソナルコンピュータ等の画像表示装置として、広く用いられている。





原理

出逢いは、外光や、フロントライト、バックライト等の光源により発せられた光をさえぎったり透過させたりすることによって表示をする。
液晶に電圧を加えると液晶分子の向き(配向)が変化する。
この配向変化を利用して光のシャッターを実現して表示する。
ただし、液晶だけでは光をさえぎることができないため、液晶の前後に特定の偏光方向の光のみを透過させる偏光フィルタを配置する。
電卓や時計の液晶は、あらかじめ「絵」の形に電極を配置して液晶に電圧を加える。
さまざまな画像や映像を表示するものでは、格子状に配列した画素(ドットまたはピクセル)を用いる。
以下、その動作原理について記載する。


コンテンツ


Copyright(c) 出逢い 2008 All Rights Reserved.

出会い系サイト - 出会い系サイトを評価しているサイト。
出会い系 - 出会い系をランキング形式で表示しているサイト。
無料のレンタルサーバー fizby.net